Loading...

キャンペーン内容

改善シミュレーションを無料で実施

お客様の発電所データをもとに、PVブースタを導入することによる収益増加額及び投資回収期間を無料でシミュレーションさせていただきます。 太陽光発電所はメンテナンスフリーではありません。過去の発電データを解析することで、長期間にわたり高い発電効率を維持していくための対策も検討できます。

お客様にリスクのないメリット保証

PVブースタを導入頂いた後万が一お約束した発電量改善率を下回った場合には、差額を補填もしくは購入費用を御返金し当社費用で撤去させていただきます。 キャンペーン期間に限り、お客様の導入リスクが無い状態でPVブースタを設置頂ける様御提案致しております。

100MWを超える豊富な導入実績

PV ブースタ(M)を導入しない発電設備と長期間比較
導入後3 年間で 4.86% 発電効率が上昇

PV ブースタ(M)を導入した発電設備は、導入していない発電設備に比べ発電量が改善しました。改善率は年々上昇、3 年間で 4.86% 発電量が増加しています。投資回収期間は 6 年となります。

影のかかるストリングに PV ブースタ(S)を導入
ストリングの発電量が 19.0% 改善

PVブースタ導入前は木の影の影響で発電量が大きく低下していました。導入後は、発電出力の低下が小さく、導入前と比較して発電量が多くなったことがわかりました。ストリングの 1 日の合計発電量は 19.0% 増加しています。

PV ブースタ(M)を導入し工事期間を2 ヶ月短縮
設備コストも削減

PV ブースタ(M)は、ストリング毎に電圧を制御、パネルの方向や角度が不均一の場合も発電損失の低下を最小限に抑えます。山間部等の傾斜地に太陽光発電所を開発する場合に、PV ブースタ(M)により整地にかかるコスト削減や工事期間の短縮が可能です。

ストリング監視で異常を早期に発見し発電を復旧
細やかな O&M が可能

パネルのひび割れや雑草による影、外見上に現れない故障等により発電量が低下している発電所が見受けられます。PV ブースタ(M)のストリングモニタリング機能を使えば、これらの異常を早期に発見し復旧することが可能です。

お客様の発電所の発電収益最大化に適したシステムをご提案

パネル特性にばらつきがあると発電条件の悪いパネルに影響され発電条件の良いパネルの発電効率が低下、発電所全体の発電損失が生じます。PVブーストシステムは、太陽光ストリング毎に出力制御することで大型太陽光発電システムの発電効率を向上させ、太陽光パネルの性能を最大限に引き出します。

PVブースタ(M)

稼動済み大型太陽光発電所の発電出力を
20 年間で計 5% 以上改善

パネルの経年劣化に伴う発電システムの効率低下を抑制し発電量を改善、固定価格買取期間 20 年間の総発電量を、導入しない場合と比べ 5%以上向上させます。

PVブースタ(S)

ストリングの一部に影がかかる発電所を出力を
少ない初期投資で改善

ストリングの一部に影がかかると、影のないパネルの出力も低下します。影のかかるストリングに PV ブースタ (S)を導入することで、影のないパネルの発電量を改善します。

お問い合わせフォーム

資料請求のみでも、お気軽にお問い合わせください。

※ 本キャンペーンの適用に際し、当社指定のチェックシートへのご記入、及びI-Vカーブ測定(無料)など諸条件がございます。
※ パワーコンディショナの種類により、当キャンペーンがご利用できない場合がございます。